2014年6月22日日曜日

カスタムカルチャーパーティー&BBQ

カスタムカルチャーパーティー&BBQ
に参加するため蒜山まで行って来ました。

まぁ果たして鶴形サイクロンが参加するにふさわしいか
どうかは怪しいとこじゃけど
「中にはこういった感じのがあってもいい。」
という言葉を真に受けたフリをして
参加しました。


今回はサニトラ号ではなく三菱360での参加でした。
しかし
流石に蒜山は遠く蒜山に着いたぐらいのところで
トラブル発生!
エキパイのフランジ部分のボルトが全て外れてしまい、
まぁまぁ大きな音を出してました。

(勿論写真は撮ってません。)

しかしそんなときに救世主は現れるのであります。
近所のおばちゃんが
とりあえず家に来なさいと、
主人もスバル360を所有していて
三菱360を見せたら絶対よろこぶからと、

そしてお邪魔させてもらい
スバル360やジムニーの2ストのやつとか
みせてもらい、
ご主人と一緒にマフラーを直します。
これが中々大変な作業で1時間近くかかってしまいました。
そろそろ会場に行かないといけないので
ここで優しい夫婦とお別れして

やっとのことで会場に到着。
優しい夫婦に出会ったことで
この日はもう満足という感じです。


鶴形サイクロンのお店は

こんな感じになり
三菱360をメインに
その前に商品を置きました。
それでも三菱360にしてはかなりの量を積んできてます。
まぁこのことが後々物凄いトラブルになるんですが、
(トラブルだらけ)


会場に着いてお店の用意がすんだら
今日のメインイベントBBQ




かなりのんびりしたイベントで1日中BBQを
してました。

まぁのんびりしてたんはワシらで
イベントでは

じゃんけん大会や

牛乳早飲み大会
ホットドッグ早食い大会


自転車でジャンプするやつ大会

抽選会大会
等々
楽しいイベントでした。







あぁ楽しいイベントじゃったなぁ。
思いながら帰路に着く前に
朝寄った夫婦の家に行き
またもやマフラーを直し、
大根をもらい。
帰路につくのですが、

もう書くのが面倒になってきたんで
また今度。



5 件のコメント:

  1. 灰恵那堂 堂主2014年6月25日 11:46

    それでも三菱360にしてはかなりの量を積んできてます。

    まぁこのことが後々物凄いトラブルになるんですが、、、、、の後がどうなったのか、知りたいですね。
    ま~”他人の不幸は蜜の味”ではないのですが、旧車のトラブルは伝説になるので、面白いですよね、(本人にとっては 笑い事ではない)

    返信削除
    返信
    1. だいたい知ってるでしょ。
      また今度書きますよ、たぶん。

      確かにトラブルを楽しんでる感じはちょっとあるかもしれませんね。
      まぁトラブルは無い方がいいんですが。

      削除
  2. 灰恵那堂 堂主2014年7月4日 16:09

    先生の2台の赤いパブリカ

    車検代のかたに取り上げられてたパブリカコンバーチブルの引き取りに、現ナマを持参して、もう一台の赤いハードトップのパブリカで玉野に向かった先生だが、何と数日前に高速で全開ベタ踏みで走行してから異音が仕出したのには薄々気付いていたが、道中ループ橋の上でエンジン停止、、、押して路傍へ移動、工場へ車載車の応援を要請して支払いを済ませ、やっとコンバーチブルに乗り換え岡山へ、帰路 突然のバケツをひっくり返した ゲリラ豪雨に襲われ、幌を上げることもままならず、社内は金魚鉢状態、、、、身も心もズタズタになってバタバタ館へ還ってこられた。自慢のパナマ帽も派手な虎模様のハイレグパンツもびしゃびしゃであった。
    少し ちびった痕もあったようです。
    此れを 人は ”男の旧車ロマン” と呼ぶ。

    返信削除
  3. 灰恵那堂のCB722014年7月4日 16:33

    ハイエナの墓参り
    普段 ご先祖様の墓参りに行かぬハイエナがどう思ったか、お盆の暑い日にCB72で宝伝のお墓に参った、行きは快調に飛ばしたのだが、還ろうと思ってもエンジンが掛からない、押し掛け数回、山の上に引き揚げ坂道を利用しての押し掛け数回、どうもバテリの電気が足りないようで、見るとセレンがダメになって充電してない様子。
    押して山道を岡山方面に向かう、夏の日差しが容赦なく体力を奪っていく、やっと見つけたスタンドもお盆でお休み、水分を補給にと自動販売機に行けど、手持ちの金が万札しかなく買えず、まさに帰還兵が還るが如しのズタズタ状態で次のスタンドにたどり着き、急速充電して、騙し騙しの走行で家路へと向かったのであった。

    まさに親不孝者の旧車ロマン、、、であった。

    返信削除
    返信
    1. サニトラ号

      まだ実家暮らしじゃったころ、山を下って通勤中に突然車が停止。
      全くエンジン掛かる様子もないのでレッカーを呼ぼうと思うが、そこは山の中。
      圏外で電話が出来ません。
      まぁまぁの距離を下ってきたなぁって思いながら、一生懸命走って電波のあるとこまで行き、無事にレッカーを呼びました。しかし会社には大遅刻。

      カプラーごときで大慌て。
      通電してるようでしてない旧車ロマン

      削除