2016年12月12日月曜日

自分でテキトー古民家リフォーム⑯

「古民家の冬は寒い」
みんなにそう脅されていました。
確かにそろそろ寒い・・・。

なので、買いました!
 
リフォーム用にファンヒーター。
これであったか環境でリフォームできる!
と思いきや、やっぱり寒いままなのでした。
(でも、ちょっとはましかな・・・??)


さて本題・・・。
前回、コンクリートで
隙間を何となく埋めましたが
もっといかにも古民家リフォーム!!
みたいな作業がしたい私たち夫婦。

もう、そーなったらこれしかないでしょう・・・。
そう!ジャジャーン!!
漆喰です!
リフォーム界では有名?な
「うま~くヌレール」
ですよ-。

私のような素人さんでも
「うま~くヌレール」
とゆーやつです。

ふたを開けると
見てください、真っ白!
【パウダーグレー】という色を
頼むつもりが、なぜか無意識のうちに
【白色】をポチッとしておりましたぁ~!
しかも2個も。。。
恐るべし私の無意識です。
参りました。。。

ちなみにこちらが本物の
【パウダーグレー】
グレーってよりベージュ?
みたいな雰囲気に見えます。

珍しく分かってる気に
マスキングなんかしてみたりします。
 『早く塗りたい・・・。』

そんでもって
塗った図がこちら。
 すんごくうすーく塗るらしい。
ちなみにコテではなく
漆喰も手で塗りました。
うん、白色です。

で、思ったより早く乾いてきたので
2回目の白色を塗って
乾いたら更にその上から3回目の
パウダーグレーを塗った図。
明らかに一部だけ色が違う
土壁みたいな部分が
パウダーグレーです。
全然イメージと違ったけど
いい色です。

 乾いたらどんな色になるんやろー
と思いながらひたすらに
塗り続けます。
穴が空いていた壁も
パテ、コンクリ、漆喰を次々と塗られ
今ではあんなにボロボロだったとは
思えないほどになりました。
これでもう穴はバレません。 

乾いたら色が薄くなり
クリーム色みたいになるようです。
なおよいです。

炊事場の漆喰は
だいたい終わりました。

次回はとうとう初めての
プロへの依頼です。
炊事場にコンクリートをうって
キレイ気な土間にしてもらいます。
楽しみ~♪


鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]



0 件のコメント:

コメントを投稿