2017年1月8日日曜日

自分でテキトー古民家リフォーム⑳

キッチン作りの途中だった
古民家リフォームですが、

色々な事情で
先に式台を作る部分を解体することにしました。
玄関を入って右側の部屋へ上がるときに
「もう一段あったら楽に上がれるのになぁ
そんなものあるのかなぁ・・・」

そんな感じのが式台だと思ってます。

玄関入って右側の6畳を
手前2畳分を解体して
そこに式台を設置する予定です。

たぶんもともとは
6畳ではなくて
4畳だったのではないかと思われます。

写真撮るのを忘れましたが
解体する部分に古い敷居が付いていました。
それを慎重に取り
4畳にした時の式台との境に
この敷居をつけることにしました。

2畳分のところ
ここを解体します。

こんな感じ。
結構手強そうに見えましたが
以外に出来るものですね。
昔の木が出てきましたよ。
多分もともとはここまでが土間じゃったんじゃねんかなぁ?


ここに敷居を乗せると
全く違和感なく収まりました。


さてここまで出来たら
またキッチン作りに戻ります。


鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]


0 件のコメント:

コメントを投稿