2017年2月21日火曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉖

ゆっくり進んでいます。
古民家リフォームです。

先週タイルを貼りましたが
まだタイル貼りが残ってます。
その前に
先週貼ったタイルの保護材?紙を剥がしてみます。
紙に水を染みこませます。
少しまってから剥がすと簡単にはがれます。


私たちの場合は


タイルも一緒に剥がれました。
どうやらボンドが少なかったようです。



最初にボンドを塗ったあたりは
まだマシです。
たぶん最初は丁寧に作業してたのかなぁ。

しょうが無いので一個ずつボンドで貼っていきます。





さてさて

悩んで悩んで
いろいろデザインを考えた
流しの中のタイル貼りです。
ここは妻が担当です。
緑色の玉石タイルをメインに
中に花柄の模様を入れたいらしいです。



壁の立ち上がりのところは
薄いピンクっぽい色

ふむふむ

ほーなんかええ感じ

って思ってたら
緑のタイルが足りん!
って言い出した。

しかし
そこはテキトーなリフォーム。
余ったタイルを貼っていきます。

結果こうなりました。
どうですか?
ぼっけーかわいいと思うんですが。

いままで見たタイルの流しで一番かわいいと思います。

目地を入れるのが楽しみじゃなぁ。



鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]


0 件のコメント:

コメントを投稿