2017年3月30日木曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉜

ついにグレーの漆喰塗りますよー。
ってなっていたんですが・・・その前に
この壁に塗られているやつが良くないらしい

 試しに
水で濡らして
手で撫でるとすぐ剥がれて
下の土壁が出てきました。

この状態ではいくら漆喰を塗っても
この壁に塗られている何らかのものと一緒に
漆喰が剥がれてくると思われますので・・・
取ってしまいます。

そしてついに

ジャジャーン!!
漆喰の登場なのです。

 さて
僕たちには何のためらいもありませんので
とりあえず塗っていきます。
乾いたらかなり
薄くなる予定です。
どんな色になるかなぁ

あと先ほどの水ですぐ取れてしまう
何らかの壁に塗られたもの
取れにくい部分もあったので
あきらめました。

古民家リフォーム=妥協
ですね。


妥協
僕たちにぴったりの言葉です。

なんか
遠くから見ると
結構黒く見える・・・・

なんか
感じええなぁ・・・・
乾いたときにこんな感じの色がええなぁ



最初は
かなり薄いグレーにする予定だったのですが
濃くしようかなぁ・・・。





出店予定

鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。





「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]





2017年3月25日土曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉛

さて
前回の記事で漆喰を作ったのですが
なぜか
急に妻が土壁を作りたいと言い出しまして・・・
こういった土壁が落ちている所を
補修するらしい
台所のときはモルタルで補修したのですが
今回は土壁を作りたいらしい・・・・

とりあえず
新しいことに手を出してみる2人です。
とはいえ土壁ってどうやって作るん?
そもそも土はどこに?

ってことでとりあえず
山に行ってみようということになったのですが、


ここで名案
この付属の倉庫
この倉庫の土壁を取って
水を加えて練ればえんじゃね・・

水を加えて土壁を作るやり方は
どこかの誰かがブログで紹介していたので
それを真似してみることにしました。


土壁を取ってきて

水を加えて練ると
こんな感じになりました。
すごい簡単です。
手でハンバーグ作る感じじゃわ。

ちょっと硬めの方が作業しやすいと思う。

さてどんなもんかなぁと思ってたら
これがびっくり
ものすごい塗りやすい

写真はそのまま塗ってますが
あらかじめ土壁の方に
水を含ませておいた方がいいと思います。


土壁が落ちているところは
結構あったので
頑張りましたよ。

最初の写真の所もこんな感じ。


土壁楽しいです。

土壁の補修
僕たちは最初はパテ
その次モルタル
そして土壁
いろいろやってみましたが
土壁が抜群に良いです!
塗りやすいし
お金掛からないし。


これでやっと
漆喰塗れるかな。
楽しみ楽しみ。






出店予定

鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。





「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]


2017年3月22日水曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉚

古民家リフォームですが
玄関や部屋などの壁を
漆喰で塗っていくことにします。

前回の台所はうまーく塗れーるという
混ぜたりしなくてもそのまま簡単に塗れるという
漆喰を使ったのですが
家まるごとそれを使うと
かなりの金額いきそうなので
 
20㎏2000円の漆喰を
ホームセンターで買ってきて
練ってみることにしました。

ネットでいろいろ調べて
砂漆喰っていうのがあるみたいで
砂を混ぜれば出来るんかな?って思い

こんなのを買いました。
できるだけ細かいのがええかなって
思ったんで細かいのにしました。



そして今回
秘密兵器を買いました。
攪拌機です。
低速用にしました。

いや
これ買うんじゃったら
漆喰買えるんじゃねん
って思うかもしれんけど

そんなことありません。
たしかに結構なお値段しますが
漆喰を大量に使うので
結果的にこっちのほうがお得かなとおもいます。

あと
ゆくゆくモルタルを大量に作る
予定があるので
そのときに絶対必要になると思い
買いました。

水15㍑に少しずつ漆喰を入れていき
混ぜます。
そして砂は5㎏入れました。


実は思い切ったことをしてみようと
壁は真っ白じゃなく
グレーにしようかなということで
松煙墨を適当な量入れて色をつけることに


おー
グレーになってきましたよ。
最終的にこんな感じの色になりました。
乾いたらもっと色がうすくなる予定です。
漆喰の説明欄に1日~2日練り置きしてください
と書いていたので
練り置きっていうのがよく分かりませんが
フタををして置いておくことにしました。

はやく塗りたいなー




出店予定


鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]


2017年3月20日月曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉙

お久しぶりの投稿です。
進んでます。
古民家リフォーム

業者さんに頼んだ
トイレやお風呂、土間コン、電気工事等々が
終わりました。

ほんとにめんどくさい
工事ばかりだったと思います。
ありがとうございました。



玄関入ったとこの土間に
手洗い場を設置します。
コンクリートブロックがええ感じです。

シンプルなかわいい蛇口。
バルブひとつだけの蛇口じゃったら
かわいいのがいっぱいあるけど
やっぱり機能も大事ということで
お湯も出るように2つ口にしました。



お風呂場もきれいになりました。
ここは脱衣場になります。
壁は元々のまま。
床にタイルを貼ってもらいました。



脱衣場とお風呂場の仕切りのドア、壁も
作ってもらいました。

蛇口も新しく
機能優先。
こういったのが設置されると
うれしくなるなぁ。

湯船も新しく。
浴室乾燥機も設置。
洗濯物を干すスペースが無いため
お風呂場で干す予定なんで
乾燥機を付けてもらいました。

こんな操作盤みたいなのが
ついてました。
おいだきなどが遠隔操作できるみたいじゃわ。
こんなの使ったこと無いから
ワクワクです。

土間にコンクリが打たれました。
いやぁ
一気に感じがよくなりました。
清潔感が出て
なんかこのスペースこんなに広かったっけってなりました。
最高な土間です。

もともと付いていた
線はかなり昔のものだと思われました。
やっぱり火事が怖いので
電気はお金を掛けてでも
やり直した方がいいと思い
すべてやり替えてもらいました。

ちなみに写真のはスイッチです。
これは今回取り付けてもらったものです。

さて
これで業者さんに頼んでいたことは終わりました
あとは自分達が頑張るだけです。

残りは
台所とお風呂、トイレ、土間
以外の4つの部屋の
壁、天井、床です。

先は長いです。
ただ少しずつ進んでいます。




出店予定


鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]

2017年3月8日水曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉘

流しの全体です。
ここまでくると
こんなのほんとに自分達で出来るんじゃなって思う。
特に何かの技術がなくてもなんとかなるもんです。

流しの中
かなりかわいい。



さて
古民家リフォームばかりの記事ですが
そろそろ
イベントの時期ですね。

初だしも行ってますよ。
商品が増えてきてます。

とりあえず今決定しているイベントは
です。

今期一発目は2×4ですね
ご期待ください。



鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]




2017年3月5日日曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉗

キッチン作りが終わりそうで終わらないです。
まだ少しタイルの貼れていないところがあったんで
貼りました。
この部分は電子レンジを置くところです。


で本来の予定である
目地入れをします。
目地材を練ります。

こんな感じであっているのか・・・
料理用のゴムべらで目地材を塗っていきます。


こんな感じになる。
その後
半乾きになったところで

水につけたスポンジを
固く絞って拭いて
さらにその後ウエスで拭き取ったら

こんな感じにそれっぽくなりました。
全体の写真を撮るのを忘れましたが
かなりええ感じに仕上がりました。

今回のタイル貼りでの教訓は
・タイルをきっちり接着剤で付けてから目地材を入れる。
目地材を入れた後スポンジやウエスではみ出た目地材を
拭き取りますが、そのときタイルが動いて取れてしまうこともあります。
・接着剤の色は目地材の色とあわせたほうが良い。
これはなぜかというと接着剤が万が一はみ出ても
目地材の色と同じであれば目立たないから。
今回、最初にグレーの接着剤を買ってしまい
少し出てきた所がありました。
・接着剤は絶対にタイルより上に出ないようにする。
これは当然ことですが、後からじゃ取れません。
私たちはめんどくさくなって
接着剤がはみ出たものもほっておいたら
後で痛い目にあいました・・・・

こんなところでしょうか・・・
すべて当然のことでしょが
イライラしてたり、早く終わらせたいとか思って
適当にすると後で逆に時間がかかってしまいます。

もちろん私たちは
めんどくさがり屋なので
グレーの接着剤が出てきても
タイルがいつの間にか斜めになってたり
しても気にしませんが、
もしこれからタイルを貼るという方は
タイルを貼る下地から
きちんとした仕事をした方が
かえって早く出来、良いモノが作れると思います。

このように書くと難しそうに思うかもしれませんが
そんなことはありません。
タイル貼りは
楽しくてあっという間に時間が過ぎていきます。


さらに今回は
キッチンだけじゃなく
トイレにもタイルを貼ることにしました。

紺色の丸いタイルにしました。
こちらはまだ接着剤でつけただけです。
目地材はまた今度にします。





鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]