2017年3月22日水曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㉚

古民家リフォームですが
玄関や部屋などの壁を
漆喰で塗っていくことにします。

前回の台所はうまーく塗れーるという
混ぜたりしなくてもそのまま簡単に塗れるという
漆喰を使ったのですが
家まるごとそれを使うと
かなりの金額いきそうなので
 
20㎏2000円の漆喰を
ホームセンターで買ってきて
練ってみることにしました。

ネットでいろいろ調べて
砂漆喰っていうのがあるみたいで
砂を混ぜれば出来るんかな?って思い

こんなのを買いました。
できるだけ細かいのがええかなって
思ったんで細かいのにしました。



そして今回
秘密兵器を買いました。
攪拌機です。
低速用にしました。

いや
これ買うんじゃったら
漆喰買えるんじゃねん
って思うかもしれんけど

そんなことありません。
たしかに結構なお値段しますが
漆喰を大量に使うので
結果的にこっちのほうがお得かなとおもいます。

あと
ゆくゆくモルタルを大量に作る
予定があるので
そのときに絶対必要になると思い
買いました。

水15㍑に少しずつ漆喰を入れていき
混ぜます。
そして砂は5㎏入れました。


実は思い切ったことをしてみようと
壁は真っ白じゃなく
グレーにしようかなということで
松煙墨を適当な量入れて色をつけることに


おー
グレーになってきましたよ。
最終的にこんな感じの色になりました。
乾いたらもっと色がうすくなる予定です。
漆喰の説明欄に1日~2日練り置きしてください
と書いていたので
練り置きっていうのがよく分かりませんが
フタををして置いておくことにしました。

はやく塗りたいなー




出店予定


鶴形サイクロンは
鉄や木を使ったアンティークな雰囲気の
テーブルや棚などを製作します。
オーダーメイドやレトロ雑貨などをリメイクして
ご希望の家具・雑貨を作ることも出来ます。

鶴形サイクロンの
アイアン家具は
で販売しております。
オーダーなどもla Claraさん
で出来ますので
お気軽にご相談ください。


「1つひとつ表情の違う1点物のアイアン家具・古道具 鶴形サイクロン]


0 件のコメント:

コメントを投稿