2017年7月18日火曜日

自分でテキトー古民家リフォーム㊸

古民家リフォームですが
急に二階を作ることに
目覚めました。

面白そうなことにはすぐ飛びつきます。
 二階のスペースです。
広さはだいたい3畳です。
ここは何回か掃除をしているのですが
埃や藁や茅など
かなり汚れています。

ここのスペースを掃除するのも大変でした。
さらに
電気配線は業者の方にしてもらっていたのですが
このスペースを使う予定は
無かったので
電気の線がスペースの真ん中の
腰の位置ぐらいを通ってます。

電気配線をやり直したり
いろいろ大変でした。
正直楽しそうなところに逃げてきたつもりでしたが
結構時間もかかるし
暑くてバテそうでした。


まぁやっとこさ
キレイになったので
床板を貼っていきますが・・・・まずは
木材の調達ですよね。
 ホームセンターで買ってきました。
訳あり品で安かったです。

何も知らない僕たちは
ここで致命的なミスをしていたことに気づきます。

この仕入れてきた材料
実は床材用ではないみたいです。
板と板の間に隙間が出来るようになっています。
溝が出来ている感じじゃな。
壁や天井などに使う材料みたいです。

そうとは知らず、というかホームセンターで
ろくにラベルも見ずに買ってきたのも悪いのですが・・・
そんな僕たちは
「え?何これ・・・隙間が開くが!」
「ほんまじゃなぁ・・・」
「訳あり品ってそういうこと?」
「そんなことないじゃろぅ」
なんて悩んだり
どうにか
隙間が出来ないように小細工してみたり
したのですが
最終的には

もうこれで行こう!

ってことになり
貼って行くのですが
ここでまたもやトラブル
下側の板
何十年前、いやもっと前の板なのか
かなり歪んでます
その影響で
うまく板が噛み合いません

知っている方には
説明はいらないと思いますが
こういった床材などは
オス側とメス側があり
それをはめ込んで並べていきます。



歪みの少ない所では
問題なく入るのですが
下地が良くないと作業がうまく進みません。
僕たちの技術の低さが半分はあると思いますが・・・

それでも板を浮かせながら
入れたり
時には板を壊しながら無理矢理入れたり
一部入れなかったり

こうやって写真で見ると
うまく出来てるように見えます。
なんとか9割方出来たのでここはこれで良しとします。
楽しそうじゃなって思って始めたんですが
大変でした。
この作業が終わった瞬間に
この場で
しばらく寝てました。


先の長い古民家リフォームです。




0 件のコメント:

コメントを投稿